円満退職をするポイント

介護施設を何かしらの理由で退職しなくてはいけなくなった場合、極力負担や迷惑をかけないようにしなくてはなりません。大きな負担や迷惑を発生させてしまうと当然円満退職する事は難しくなってしまいます。そうなれば、辞めるまでの間は不遇な時間を過ごすことになってしまいます。

実際に、周囲に迷惑をかけないようにして、辞めるまでの残りの時間を快適に過ごしている方もたくさんいます。それを実現する為には周りの方に発生する負担を少しでも減らして、円滑に引き継ぎ作業を行う事が求められてきます。最低限必要なのは予め余裕がある時に退職する意志を伝える事、そして引き継ぎ用のマニュアルを作成しておくことです。辞める意志を伝える期間としては、最低でも一ヶ月前に伝えなければなりません。すぐに介護施設を辞めるという事はできないので、その点は気を付けないといけないポイントです。強引に辞める事も可能ですが、その場合には円満に辞める事とはかけ離れてしまうでしょう。ある程度期間に余裕がある状態で辞める事ができれば、周りの方に発生する負担や迷惑を減らす事が可能になります。

引き継ぎ作業も重要なポイントであり、予めマニュアルを作成しておけば、引き継ぐ方の負担を減らす事ができます。ここで重要なのが、分かりやすいマニュアルを作成する事です。「辞めた後は関係ない」というような考え方で自分よがりにマニュアルを作ってしまえば、多くの人を困らせてしまいます。マニュアルは作成しながら、引き継ぎ当事者に確認していくことが大切です。
これまで働かせてもらったことに感謝をして、最後までしっかり仕事を全うすることが、いち社会人としての使命だといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です